首のイボやポツポツ対策に使えるクリーム(化粧品)の選び方

首のイボ・ポツポツ・ザラザラを日常のスキンケアで改善していくには、クリーム(化粧品)選びが大切です。

 

今まで使ってきたクリームやジェルが、イボやポツポツ対策になっていなかったために、古い角質が蓄積されてきたわけですから、
普段の保湿やエイジングケア用の化粧品とは別のものを1つ持っておくのが賢いケアです。

 

それでは、首のイボやポツポツに使えるコスメの選び方をご紹介していきます。

 

イボ、ポツポツ、古くなった角質ケア専用の化粧品を選びましょう

 

クリームやジェルを買う時は、必ず「老人性イボ・ポツポツ・古くなった角質」をケアするために開発された化粧品かどうかを最初にチェックしましょう。
商品の販売ページに「特に何をケアする化粧品なのか」が一番わかりやすく書かれているはず。
ポツポツ対策かどうかわかりにくものは購入対象から外してOK!

 

どんなに高いコスメでも、用途や目的が異なっていれば改善されることはないので、コスメブランドなどではなく、「老人性イボ・ポツポツ・古くなったザラザラの角質ケア」専用のクリームやジェルを選んでくださいね。

 

配合成分のチェックポイント

 

ヨクイニンは入っていなくても問題なし!

 

ウイルス性のイボを治療する漢方薬として、ヨクイニンが有名ですが、これはあくまでも、ウイルス性のイボへ対処するための薬ですので、老人性イボや角質ケアとは関係ありません。
もちろん、皮膚科で処方された場合は活用しても良いでしょう。
飲み薬の場合が多いですから、外部からのスキンケアと両立しやすいですね。

 

ハトムギエキスは欠かせない!

 

ハトムギ茶などにも代表されるように、ハトムギには、ビタミン・タンパク質・糖質が豊富に含まれており、昔から肌に良いと言われています。皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を高め、古くなった角質を取り除く手助けをしてくれます。

プラセンタはやっぱり良い!

 

女性なら誰でも聞いたことがあるでしょう、美容成分プラセンタ!
いろんなところで出てきますね(笑)
このプラセンタは、もちろん、首周りの老人性イボ・ポツポツ・古くなったザラザラの角質ケアにも不可欠な成分です。
加齢による首のイボやポツポツの増加は、紫外線も原因の1つですので、プラセンタでメラニンの生成を抑制する必要があります。

 

 

身体の広範囲に使えるものを!

 

スキンケア化粧品は主に顔にしか使いませんが、「老人性イボ・ポツポツ・古くなったザラザラの角質」をケアするためには、一番よくできる首のほかにも、顔・胸(デコルテ)・わきの下に使えるものかどうかもポイントです。

 

また、それなりに容量が入っていないと広範囲をケアできず、効果の実感にも時間がかかりますので、量も多い方が良いですね。